大阪リバーサイドロータリークラブ
Menu


■大阪リバーサイドロータリークラブとは
大阪リバーサイドロータリークラブ例会場 中之島センタービル31Fスカイルーム
 創立36年を迎える大阪市内にあるロータリークラブです。堂島川の川岸「中之島センタービル」に事務局があります。会員は31名です。家族的な素晴らしい仲間です。

例会場は地上120mにあり、大阪空港、大阪港が遠望できます。

例会場(中之島センタービル31Fスカイルーム)  

■今年度のテーマ 人類に奉仕するロータリー
            〜Rotary Serving Humanity〜
夢をかたちに

ジョン F. ジャーム国際ロータリー会長は、2016-17年度のテーマとして「人類に奉仕するロータリー」を選びました。社会貢献への熱意をもつ職業人が集うロータ リー独自の力を生かせば、大きな目標も達成できる、とするジャーム会長。「世界でもっと大きな『よいこと』をする推進力となるために、固い決意でポリオ撲 滅を成し遂げ、ロータリーをさらに前進させながら、これまでの成功をバネに飛躍するときが来たのです」と述べています。


■RI2660地区 地区方針 The Ideal of service” ロータリーの根幹精神

当該方針はロータリーの目的(以前は綱領と呼称)の第三項にも記載されています。
1920年、東京に我が国最初のロータリークラブを設立した米山梅吉氏は、‘The Ideal of service”の日本語訳の際、「奉仕の理念」ではなく、敢えて「サービスの理念」とされました。
日本語の「奉仕」は自己犠牲の意味合いがあまりにも強く、”service“の本来の意味と合致しないからです。
日本のロータリークラブの祖である米山氏の意を汲み、当方も原語をガバナー方針に採用した次第です。

奉仕=一方的行為
個人から社会への一方向のみで、日本語では自己犠牲の意味合いが大きいです。

service=相互的行為
個人と社会を循環しています。



具体的事項
(1)"The Ideal of service"の基本理念の周知と実践
(2)ガバナー月信のペーパーレス化によるITの促進
(3)ロータリー財団100周年略計、ポリオ撲滅
(4)ロータリー戦画の推進
(5)IM再編成



■Information
2016/08/13/サイトを更新しました。
2016/07/29/近年のクラブ行事と活動(アルバム)を更新しました。
■リンク
 

・MY ROTARY
・第2660地区ホームページ
・国際ロータリー2660地区 ロータリー百科事典
・公益財団法人ロータリー米山記念奨学会
・ロータリーの友のホームページ
・ロータリー文庫


▲PAGE TOP
Copyright(c) Rotary Club of OsakaRiverside. All Rights reserved.
E-mail osrvsdrc@lily.ocn.ne.jp